あいおいペーロン城で
楽しめることabout “Michinoeki Aioi Peiron Jyo”

ペーロン温泉Peiron Hot Spring

兵庫県内に3ケ所しかない道の駅内に温泉施設を有するあいおいペーロン城。中国宮廷様式の建物にあるペーロン温泉は相生湾を一望でき、海山を眺めながらゆったり入れる露天風呂をはじめ、サウナ、泡沫湯など様々な浴槽を楽しめます。また、全身の疲れを揉みほぐしてくれる癒し処もあります。アウトドアやドライブがてらにゆっくりとおくつろぎください。

ペーロン温泉の詳細へ

特産品売場Special Products Section

氷ノ山などの山々から揖保川、千種川が栄養分を播磨灘に注ぎ込み、一年で大きく育つ「相生かき」。純白のぷりぷりとした大きな身は濃厚でカキ特有の甘みと風味が絶品と名高く栄養満点。まさに海のミルクです。道の駅あいおいペーロン城では11月下旬から3月ごろまで相生かきを堪能できるほか、かきを使った加工品も人気です。ぜひお買い求めください。

特産品売場詳細へ

お食事処
和ダイニングまねきJapanese Style Dining Maneki

姫路駅名物「えきそば」で有名なまねきが展開する和ダイニングまねき。相生湾を眺めながら和やかにお食事が楽しめ、広々とした座敷もご用意しております。瀬戸内の海の幸を活かした和食の御膳や定食をはじめ、コース料理もございます。相生名物である「相生かき」を取り入れたメニューも多数取り揃えており、温泉に浸かった後のお食事が格別です。

お食事処メニュー一覧へ

あいおいとペーロンAioi & Peiron

ドライバーで賑わう
歴史ある海岸線の観光拠点

相生市は瀬戸内海でも深く入り組んだ相生湾があり、古くは瀬戸内の航路でした。石川島播磨重工業相生造船所の企業城下町として栄え、昭和37年には新造船建造量で世界一を達成しました。造船とともに歩んできた相生市ですが市内には坪根古墳群や感状山城址・羅漢の里等の歴史的な史跡もあり、瀬戸内海(播磨灘)や相生湾の眺望スポットなども楽しめます。海岸線を通る「はりまシーサイドロード(国道250号線)」はツーリングやドライブが楽しめ、道の駅あいおいペーロン城もドライバーで賑わいます。

相生ペーロンの歴史
~中国から長崎、
そして相生へ~

ペーロンはパイロンがなまったもので、日本には1655年、長崎に伝来したと言われています。その当時、中国船が長崎港を訪れた際、強風のため出航できず、船員が海神の怒りを鎮めるためにペーロン競漕を港内で行ったのがはじまりです。

長さ13m・幅約1.6mの木造和船で32人乗り(漕ぎ手28人、舵取り、艇長、銅鑼、太鼓各1名)の船。龍の頭部をかたどった船首みよしが特徴的で、全12艇に龍の名前がついています。

相生のペーロン競漕は大正11年(1922年)に播磨造船所(現IHI相生事業所)の長崎出身の従業員が異郷でふるさとをしのんで始めたのが相生ペーロン競漕の起こりです。龍舟4艇が競漕する相生ペーロンとして引き継がれ、現在は毎年五月、播州路に初夏を告げる「相生ペーロン祭」となっています。相生の町を彩る前夜祭の海上花火大会、陸上パレードとともに海上行事としてペーロン競漕が盛大に行われています。約70チームが参加し、300mの海上コースを往復しその速さを競う。漕ぎ手の一糸乱れぬ櫂さばきやレース中盤に船がコースを回る際の舵取りが見所。ドン!デン!ジャン!と銅羅と太鼓の音に合わせて力漕する姿は、まさに龍が水面を駆けるように壮観そのものです。

周辺の見どころ紹介Spot Introduction

観光情報コーナーにて
おすすめスポット
多数ご紹介!

国道沿いにある正面玄関を入ると、ロビーには観光情報コーナーがあります。
ここには、相生市はもちろん、赤穂市など近隣市町を含む西播磨全体の観光情報が集まっています。
また、兵庫県や岡山県備前市、瀬戸内市の情報もございますので、旅の参考にぜひお立ち寄りください。

中央公園(徒歩)

園内には、図書館や歴史民俗資料館、テニスコート、多目的グラウンド、芝生広場などが点在しています。国道をはさんですぐ向かい側にあり、散策したり汗を流したり、色々な過ごし方が楽しめます。

白龍城〜ポート公園(徒歩)

公園全体がペーロン祭の花火やレースの観覧席を兼ねており、ウォーキングにもぴったりの快適な親水空間です。相生大橋を渡ってすぐのところにあり、一足伸ばせばペーロン海館や水産物市場にも行くことができます。

万葉の岬(お車で15分)

瀬戶内海を一望できる絶景スポットとして国道 250 号をドライブやツーリングする方に人 気です。万葉の岬にはつばき園があり、園内には約 30 品種 200 本の椿が 12 月から 4 月に かけて見ごろを迎えます。

感状山城(お車で20分)

南北朝時代、建武3年(1336 年)の建武の乱で戦に敗れ九州に逃れる足利尊氏を追う新田義貞軍率いる軍勢を、播磨守護赤松則祐が 50 日にわたり足止めをしました。この功績により足利 尊氏が、赤松則祐に感状(かんじょう)を与えたことから感状山と呼ばれるようになりました。

市立ペーロン海館(お車で5分)

ペーロン船 12 艇を保管する艇庫や相生湾を一望できる展望ロビーがあり、無料で入館できます。「相生ペーロン」の歴史資料や、ペーロン競漕の動画を見ることができ、伝統文化の魅力を伝えています。

市立水産物市場(お車で5分)

播磨灘の新鮮で美味しい海の幸を直接漁船から水揚げ。旬の魚介類を買えるほか、BBQ も楽しめ、海鮮丼などの海鮮料理も堪能できます。

天下台山(お車で10~15分)

標高は321mで、2本ある公設ルートは初心者でも登りやすく、北尾根ルートに代表される迂回路は豊かな自然が堪能できます。頂上からは360度のパノラマが楽しめるので、姫路や京阪神方面からも多くの登山者が訪れています。

羅漢の里(お車で20分)

コテージやアスレチックがあり、春は桜、夏は川遊び、秋には紅葉と自然を満喫できます。 屋根付きの BBQ コーナー、テント村もあるのでアウトドアを楽しむ方に人気です。 他に調理実習室、体験実習室、陶芸室を備えたふるさと交流館もあり、さまざまな体験ができます。

インフォメーションInformation

道の駅 あいおい白龍城

所在地
〒678-0053
相生市那波南本町8-55
TEL
0791-23-5995
FAX
0791-23-4712
営業時間
定休日

特産品売場 /
9:00〜17:30
定休日 年中無休
(TEL 0791-23-5996)

和ダイニング まねき /
平日 11:00〜21:00 (L.O 20:00)
土日祝 10:30〜21:00 (L.O 20:00)
定休日 毎週火曜日
(TEL 0791-23-3360)

ペーロン温泉 /
平日 15:00〜22:00 (最終受付 21:30)
土日祝 10:30〜22:00 (最終受付 21:30)
定休日 毎週火曜日
(祝祭日の時は翌水曜日)
(TEL 0791-23-1919)

あいおい白龍城 海の駅
(ビジターバース)

道の駅あいおいペーロン城には、海の駅(ビジターバース)があり、海からのアクセスもできるほか、マリンレジャーの休憩場所としてもご利用いただけます。

位置情報
N 34° 48’ 15”
E 134° 27’ 44”
(GPS世界測地系)
TEL
0791-23-5995
FAX
0791-23-4712
営業時間
10:00〜18:00
係留料金
3時間以内 100円/m
3時間〜24時間 800円/m
ご注意
  • 利用制限はございませんが
    完全予約制です。
  • 水深2.5m程度
  • 浮桟橋 延長25m
  • イベントスペースご利用案内はこちら
  • 団体バスのお客さまへの特典・割引についてはこちら

このサイトについて

ブラウザについて
当サイトでは、各種最新ブラウザでの閲覧を推奨しています。
当サイトでは、全ページデータ転送にSSL(Secure Sockets Layer)という暗号方式を採用しています。
アクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。このGoogleアナリティクスはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約のページやGoogleポリシーと規約ページをご覧ください。

閉じる